オワコン

終わりなきコンテンツ

カテゴリー

不動産投資の融資に必須!土地の担保評価の調べ方、物件の見方を解説します

f:id:kyoheing-on-japan69:20200510175201j:plain

昨日、コロナを恐れつつ埼玉まで、相場に比べてかなり割安な戸建物件を見に行ってきました。建て替え前提なら条件はそれなりに良かったのですが、改めてキャッシュフローを意識して考えたところ、今回は見送る形としました。

この物件が良いなと思ったのは、「相場に比べて安い」というのもあったのですが、それと同時に「担保評価が販売価格に比べて高く付くだろう」と考えたという点があります。

担保評価が高ければ融資を受けやすくなるため、不動産投資において今後の拡大を考えやすくなります。ファイナンスの面から言うと純資産をプラスにできるので、財務体質を強化できると感じたのですが、今回はちと縁がなかったということで、また次回。

さて、担保評価は土地・建物それぞれに算出方法があるのですが、この記事では土地の担保評価の出し方についてご紹介したいと思います。

築年数の経過と共に価値が下がって0になる建物よりも、資産価値の面で言えば土地の価値にこだわった方が長期的には財務面でのメリットを得やすいかと思うので、ぜひご参考にどうぞ。

続きを読む

PCとスマホ間でデータを移す便利な方法まとめ

f:id:kyoheing-on-japan69:20200505144546j:plain

コンビニで書類データをプリントアウトしたい時とか、PCに入っている音楽などのメディアファイルをスマホに保存したい時、また逆にスマホで撮った写真や動画をPCに移動させたい時ってありますよね?

そんな時のPC/スマホ間のファイル移動には、いくつかの方法があります。もし普段のやり方に面倒を感じているのであれば、従来とは違う方法を試してみるのも良いかもしれません。

ということで、代表的な手段+僕がやっているユニークな手段を挙げておきます。頻繁にデータ移行をする方や、ふだん不便を感じている方などぜひご参考にどうぞ。

  • Dropboxなどのオンラインストレージを使う
  • Gmailなどのクラウドメーラーの下書きを使う
  • SDカードなど外部メモリを使う
  • データ通信用ケーブルでPCとスマホを接続する
  • まとめ
続きを読む

ビジネスマンは東京と田舎どちらに住むべきか?双方のメリットとこれから

f:id:kyoheing-on-japan69:20200504162725j:plain

僕は東京の出身で、現在は品川区に住んでITコンサルやWebマーケティングの仕事を自営でやっています。その前は2年半ほど、人口18,000人程度という非常に小さな田舎町の三重県尾鷲市で地域おこし協力隊をやっていました。

協力隊になる前までは東京から出たことが一度もなかったので、今のところ人生の大半を東京で過ごしています。

さて、自分でビジネスをやる身になると、実は「どこに住むか」というのは結構大きな意思決定になります。理由は本文で述べますが、住む場所や関わる人々によって大きく自分自身や得られるチャンスの内容が変わってくるからです。

そこで両方の暮らしを振り返ってみると、東京に住むこと、田舎に住むことはそれぞれ異なったメリットがあることを強く感じます。なので今回は、ビジネスマン(起業家、フリー、会社員問わず、ビジネスで成果を挙げたい人)が東京に住むメリットと田舎に住むメリット、そしてコロナの影響を受けた今後の社会変化について考察しました。

  • 成功する起業家は「居場所」を選ぶ
  • ビジネスマンが東京に住むメリット
    • 企業が多く、営業や受発注などが容易
    • 人脈を築きやすい
    • 新鮮な情報がガンガン入ってくる
  • ビジネスマンが田舎に住むメリット
    • 生活環境が良くQOLが高い
    • 家賃や人件費が安い
    • 田舎ならではの経営資源がある
  • アフターコロナでは東京と田舎がマージするかも
  • 自分はこれからどうするのか
続きを読む

「交渉」と「ごねる」の違いって何だろうかと考えてみた

f:id:kyoheing-on-japan69:20171121215442j:plain

はい実に1年以上ぶりにブログ再開しますよっと。コロナの影響で外になかなか出られなくて退屈なので(効率的になったと言うべきか?)、最近思考の時間が増えたのですが、せっかくならFacebookだけじゃなくブログでもその思考をオープンにシェアした方が実りがあるかなあと。

そういうわけで、久々に重い筆を取った次第です。んで、いきなりネガティブな話で恐縮なんですが、ちと腹が立った出来事に遭遇したついでの雑感です。

続きを読む

自分のやれること・成功体験・人に教えられることを100個挙げてみた

だいぶ遅ればせながら、2019年もよろしくお願い致します。

今年からは拠点が東京に戻ります。仕事を頑張らないと割と切実にマズいので、今年も仕事の年です。笑

 

さて、さっき読んだ本をもとに、自分の強みを棚卸ししてみようと、「自分がやれること・今までの成功体験・人に教えられること」を100個書き連ねてみました。

順不同、支離滅裂な感じですが、それでも100個挙げるって結構しんどいね。でも、思えば俺も色々やってきたなあ。と思いました。まる。

備忘録がてら、せっかくなのでブログに書いて自慢しておきます。気になる箇所あったら突っ込んでもいいんだからね

続きを読む

大晦日に慌ててやった節税対策の内容と失敗したこと

アイキャッチ

2019年、今年もよろしくお願い致します。

年末は母方の実家でのんびりさせて貰う予定でしたが、2018年もあとわずかというタイミングで見込み所得計算をしたところ、思った以上に利益が出るようで、にわかに焦って節税対策に奔走していました。

やはり昨年初めの仮想通貨バブルが効いて、アフィリエイト報酬と仮想通貨の利確分が収入にドカッと乗ってきた感じです。

利確して得た日本円で一つ投資用物件は買ったのですが、いかんせん築古なので減価償却費が大して取れず、18年中の税制メリットはほとんど無かったです。笑

 

低収入サラリーマンを謳っていただけあって、こうしてまとまった所得が出るのは初めてなのですが、個人事業主として自分で納税するようになって、初めて税金の重さを実感しますね。

確かに、しっかり稼いでいる人が節税対策にやっきになるのもよく分かりました。。。

 

というわけで、年末に僕が行った節税対策の内容と、せっかくだから失敗談もお話しようと思います。

確かに節税効果は出せたと思うのですが、いくつか判断ミスもしてしまったので。では、どうぞ。

続きを読む

これは激熱!12/26まで楽天プレミアムカード年会費が3年間無料!

今、楽天カードがすごいキャンペーンをやってます。年会費10,800円の楽天プレミアムカードが、3年間年会費無料で加入できるというやつです。

楽天カードの既存会員のみなので注意が必要ですが、すでに楽天カード(ゴールドカードなども含む)に加入している方は参加しない手はないと思います。

楽天プレミアムカード3年間年会費無料キャンペーン

公式より引用

詳細はこちら(会員ログイン必要):https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/members/campaign/entry.xhtml

 

この楽天プレミアムカードの良いところは、何と言っても海外ラウンジが使える「プライオリティパス」のプレステージ会員に無料で申し込めることです。

通常、プライオリティパスが付帯しているカードの年会費は大体21,600円以上なのですが、この楽天プレミアムカードなら半額の年会費。っていうか今回はそれも無料です。

海外に行く際、国内の成田・関空・中部・福岡空港の国際線ラウンジや大韓航空ラウンジ、また世界各国の国際線ラウンジを利用することができるのは非常に助かります。

飛行機の乗り継ぎ時間が長い時、ラウンジにいられるか・そうでないかで大きく疲れ方が変わるんですよね…。無料で食事とドリンクも頂けるし。

 

その他にも、楽天プレミアムカードには通常の楽天カードより優れた特典がいっぱいです。

  • 海外旅行傷害保険5,000万円
  • 国内旅行傷害保険5,000万円
  • 動産総合保険(買い物保険)300万円
  • 楽天市場での買い物でポイント最大+5%(通常1%+カード4%)
  • 誕生月は上記にさらに+1%
  • 3つから選べる楽天サービス利用時+1%サービス
  • 楽天プレミアム1年間無料

これだけの特典が付いたカードが3年間年会費無料というのはなかなかありません。

僕はゴールドカードまでなら所持しているのですが、それよりも一段上のサービス内容ですね。今はあまり海外には行かないですが、プライオリティパスは非常に魅力です。

 

今回はかなり目玉のキャンペーンでしたが、楽天プレミアムカードのキャンペーンは度々開催されているようです。

海外に行く機会の多い方には特に魅力的なカードかと思いますので、今回は間に合わなくても、別の機会のお得なキャンペーンに申し込めるよう、楽天カード会員になっておくのも良いと思いますよ!

楽天市場で買物する時にポイントがプラスになるのは魅力的ですしねー。楽天カードの申込は以下から簡単にできます。

じゃあの。

民泊や宿泊施設事業を推進することで得られる、地方創生へのメリット

アイキャッチ

インバウンド観光がアツいと全国的に注目を受けてから2~3年ほど経ちますが、その煽りを受けて、今はどこでもホテルとゲストハウスの建設ラッシュです。

さすがに今はバブル期だけあって乱立気味に思いますが、宿泊事業は勢いのある市場なので、数年スパンで見れば軌道に乗る宿もかなりの件数にのぼるんじゃないでしょうか。

今は民泊新法の糞みたいな制度が邪魔をして下火になってしまいましたが、今のホテル建設ラッシュになるまでは、民泊(Airbnb)が盛んでした。

 

なのでここ数年、京都や東京(特に台東区)などはどこもかしこも宿泊施設の話題が絶えません。あちこちで新規開業のニュースや批判を取り上げるニュースが取りざたされ続けています。

しかし、まだまだそんな宿泊施設ラッシュは地方には来ていません。新しい宿泊施設ができる話はどうしても観光都市に集中しており、まだ田舎の観光地の新規開業は目立つほどの軒数がありません。

一方、アクセスの悪い田舎の集落部にある一泊3万円以上の宿泊施設が好調だったり、地元のおじさんが日本語だけで集客する民宿に外国人観光客が訪れたりと、地方でもインバウンド観光の機運が出てきています。

これは裏を返せば「地方の宿泊施設にはもっとチャンスがある!」ということです。

 

そして、このチャンス、つまり民泊やゲストハウスなどの宿泊施設を地域にどんどん作っていくことは、地域おこしを考える地方自治体にも非常に大きなメリットがあります。

今回の記事では、自治体が宿泊施設の開業を推進することで、地域や自治体経営にどんな良い影響があるのかを解説していきます。

続きを読む

高利回りを狙おう!地方不動産に投資するノウハウを全公開します

f:id:kyoheing-on-japan69:20180326141225j:plain

僕は現在(2018/12時点)、地方都市(大都市郊外含む)で計4軒の戸建物件を保有し賃貸しています。

大家としての規模は小さいですが、「格安・高利回り」を投資基準に物件を買っていった結果、現状で満室経営中、表面利回り37%という数字を記録できています。およそ都市部では考えられない利回りだと思います。

 

また、所有しているのは築古の物件が主なので、新築・築浅物件のように築年が経つごとに家賃を下げなければいけないリスクがありません。

むしろ、築古物件や古臭い内装は供給が非常に多いため、地方では築古でも客付けに大きな支障が出るわけではない上、リフォームで綺麗にした時の効果も大きいのです。

実際、僕の所有している物件も古い外観・内装ですが、掃除するだけでそのまま賃貸しています。これにリフォームを入れれば、さらに総額10~20%の賃料アップが見込めそうです。

 

地方不動産への投資は、「借り手が付かなさそう」「売れなさそう」というイメージもあり、利回りが高いとはいえちょっと敬遠するところもあると思います。

ですが、地方には地方なりのノウハウが存在し、僕はそれを実際に投資する中で身に着け満室経営を実現できているので、「やる価値は十分にある」とおすすめできます。

もしあなたが地方不動産投資を始めて、少ない元手で高い利回りを手に入れることに興味があるのなら、ぜひ読み進めて頂ければ幸いです。

僕が学んできた地方不動産投資のノウハウを網羅してご紹介します。

続きを読む

InoreaderのRSS登録がChrome拡張機能からできない時の解決策

昨日、普段から使っているRSSリーダーのInoreaderで、ChromeのRSSボタンを押してもフィードが登録出来ないという現象に見舞われました。

具体的には以下の症状が出ていました。

 

1、ChromeのRSS拡張機能(RSS Subscription Extension)のボタンを押して、デフォルトリーダーのInoreaderに遷移すると、フィードは正常にも関わらず「フィードが見つかりませんでした」とエラーページが出る

2、Inoreaderの画面に遷移し、同じフィードURLを入力すると普通に登録できる

3、RSS拡張機能の「登録時常にデフォルトのリーダーを使う」のオプションを解除しても普通に登録できる

 

今までボタン一つでRSS購読できたのに、これでは少々不便です(上記3を行うことで、+ワンクリックのみで収まりはしますが…)。

というわけで色々といじってみて、何とか解決できたので、同様の症状が発生した方に向けて原因と対策を以下にてシェアしておきます。

続きを読む