オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

折りたたみキーボードならコレがオススメ!「iClever IC-BK05」をレビューするお

スマホだけで文章を書きたい時、一気に楽になりますよ。

こんにちは、すずきです。 

折りたたみキーボード iClever IC-BK05

「今外出先だけど、急きょ長文を書かないといけなくなった…」

「ノマドワークしたいけど、ノートPCを持ち運ぶのは重くて嫌だ」

 

そんなあなたには、折りたたみキーボードをオススメします。

 

僕も、外出先でもスマホだけでブログが書けるよう、折りたたみ式のBluetoothキーボードを購入しました。

これでPCとWifiを持ち運ばなくてもスマホだけで書き物ができるようになります。かばんがめっちゃ軽くなって、肩こりが軽くなりました。笑

 

 

…で、Amazonで折りたたみキーボードを比較検討の末、僕が購入したのはコチラ。

早速使ってみたので、以下レビューです。

 

【もくじ】

開封してみた

さあ、Amazonで注文した翌日。品物が届きましたよ~。
いつものAmazon包装を開けると、こんな感じの紙箱がお目見えです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20161111204236j:plain

開封すると、布袋に入ったキーボードとUSBケーブル、説明書が入っています。

説明書は多言語対応しており、日本語も全然違和感はありません。

 

キーボードは最初、折りたたんだ状態で入っています。

IC-BK05 折りたたみ状態

この状態で、Kindle Fireより一回り小さいくらいのサイズですね。

大体のポケットには入るので、かなり持ち運びしやすいです。

アルミ合金製で重さは180gとかなり軽いので、なかなかに快適です。

 

では、開いてみましょう。

折りたたみキーボード iClever IC-BK05

作りはしっかりしていて、ちゃちい感じは見られません。

さすが、6,000円という強気の値段設定だけあって、相応の品質ですね。

 

大きさはとてもちょうど良いです。11.6インチのノートPCのキーボードと同じ大きさです

なので、サイズに関しては不自由なくタイピングが可能と言えるでしょう。

実際にタイピングしてみた

さて、早速実際に文章を入力しての検証を行います。

この記事の大半は、スマホとこの折りたたみキーボードで書いています。笑

 

まずはスマホのBluetooth機能をオンにします。

どの端末でも、設定画面に行けばすぐ分かるはず(非対応の端末の場合、項目はありませんのでご注意)。

Bluetoothをオンにしたら、"iClever IC-BK05"と表記が出ているはずなので、それをタップして接続すれば使えるようになります。

上のステータスバーの所に、「あ」とか、PCの右下に出るIME的なものが出ていれば成功です。

文字を入力する時になっても、キーボードが画面上に現れなければOK。折りたたみキーボードでタイピングをしたら、スマホへ文字が入力されていきます。

 

入力は、僕が普段使っているPCのキーボードに比べて深め。

タイピングをしていると、カチッとキーが深くまで沈んでいく感触は結構独特で、なかなか気持ち良くもあります。

レスポンスはサクサク。全く違和感を感じることはありません。また、反応しづらいキー等も見当たりません。

 

ただ、キー配列がUS基準なので若干違うのと、エンターキーが小さい所は、やはり慣れが必要ですね。

後は、角度を付けるスタンドが無いので、ちょっと腕の位置が上がるようにセッティングしてあげないと、少し入力しづらいかも知れません。

 

また、おしゃれなバックライト機能も付いています。まぁ、特に使うことはなさそうですが(笑)、結構綺麗で良い感じです。

まとめ

簡単ではありますが、実際に使ってみてのレビューでした。

結論、オススメです。モノがしっかりしているし、タイピングも不自由なくできます。

 

購入する時には、折りたたみキーボードはたくさん種類があり、どれも同じようで迷いました。

その中で僕がこの"iClever IC-BK05"を選んだのは、レビューとメーカーですね。

あと、ノートPC並の大きさが欲しかった。

 

このiClever社は、名前は通っていませんが、中国や台湾の訳わからん激安メーカーではありません。

アメリカ・カリフォルニア州で堅実にキーボードなどガジェットを作っている会社だそうで、ヨーロッパや日本にもサポートを置いているとのこと。

それを確認した上で、Amazonのレビュー評価もそこそこ高かったので、「安物買いの銭失いはしたくない」と購入を決めました。

結局、折りたたみキーボードとかの類って、使いづらかったらいずれ使わなくなっておしまいになりますからね…

特別安いものでなくても、しっかりした作りで、ちゃんとタイピングできる物じゃないと。

 

唯一惜しいなーと思う所は、スマホやタブレットを固定する用の台になるものが付属していない事です。

他の折りたたみキーボードでは、「カバーが台になる!」みたいな売りをしている製品も結構多かったので…

とは言え、布袋も結構良い質感だし、傷付かなくて良い感じです。

スマホの台は別途用意するとして、僕は安定の品質を取った感じですね。

 

ちなみに、IC-BK05は11.6インチ型ノートPCと同じくらいの大きさのフルサイズ。

もっと小さく携帯しやすい、そしてさらにお安いIC-BK03もありますよ。

重いノートPCを持ち運ばずに、キーボードをガンガン使って作業したいあなた。

ぜひ、折りたたみキーボードを導入してみてはどうでしょうか。

 

 

じゃあの。