オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

遅ればせながら、初めての伊勢観光に行ってきた②

前回に引き続き、伊勢観光二日目の報告をば。

こんにちは、夏休み最後の日を迎えたすずきです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815174531j:plain

二日目はまず伊勢神宮・外宮へ

さて、河崎地区のゲストハウスでドミトリーに宿泊した僕。

ドミトリーはさながらライブハウスの様相でした。

 

 

爆音で鳴り響くいびき。

 

 

振動さえ感じそうなほどの、強烈でラウドなサウンド。

睡眠時無呼吸症候群に起因すると思しきブレイクが時々入るのがオツです。

 

このラウドでクールないびきをBGMに眠りについた僕。

実質の睡眠時間はおよそ4時間といったところ。

轟音と言い、夜行バスと大して変わりありません

目覚めの時は二日酔い並にフラッフラでした。

 

後でいびきを奏でていたオッサンの姿をラウンジで見かけました。

いかにも大きないびきをかきそうな、不健康っぽいデブの中年でした。

 

彼の健康と、今後ドミトリーに宿泊しないことを祈ります。

 

さて、体調はあまり優れませんが、せっかく伊勢に来たので観光を楽しみます。

今日は東京から彼女が夜行バスでやって来るので、伊勢市駅前でピックアップしたら、まずは伊勢神宮・外宮の観光から行きます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815175416j:plain

外宮は伊勢市駅前にあり、アクセス良好。

まずはこの外宮に詣でてから、五十鈴川駅近くの内宮に行くのがパターンでしょうね。

(後から調べたら、正式な伊勢参りの手順があるらしいですが)

 

広大な敷地はまさに神宮といった感じ。

東京の明治神宮と同じ雰囲気で、立派な木々の中を、石が敷き詰められた参道がずっと走っています。

途中に鳥居がいくつもあり、くぐる前には一礼して通ります。

 

外宮に入って程なくしたら、なんと馬がいました。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815175737j:plain

すごくおとなしい馬で、全然動きませんでした。

でも、耳の形を見てみると、どうやら人に緊張しているようでした。

かわいそうに。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815175827j:plain

ここは外宮の正宮。ここに賽銭を投げ入れ、お参りすればOKっぽいです。

さすがにお盆だけあって観光客が多いです。

駐車場には他都府県ナンバーばかりでしたが、外国人はあまり見かけませんでした。

三重県はまだまだインバウンド観光が弱いですね。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815180116j:plain

正宮前の立派な木々。

こんなのが神宮内に何本も生えていて壮観です。

そこらの神社の御神木レベルがいっぱいですよ。

 

30分強を歩き回ったら、次は内宮へ。

内宮とおはらい町へ

外宮から内宮までは、県道を通って車で10分ほど。

道の混雑は別に良いんですが、駐車場が激しい状況でした。

何とか駐車場を見つけ、まずは参道商店街である「おはらい町」へ。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815180635j:plain

うーん、さすがに凄い人出です。

昔の古い街並みが整備されていて、そこには無数のお店が立ち並んでいます。

 

中には、伊勢の銘菓・赤福の本店も。

外からスタッフが赤福を作っている光景も見えます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231142j:plain

商店街は長く、さすが紀伊半島を代表する観光スポットだけあります。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231223j:plain

お昼はおはらい町から一本入った「おかげ横丁」で。

松阪牛骨ラーメンを頂きます(特に松阪名物ではないですが)。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231423j:plain

あっさり醤油ベースのダシに、牛の風味が効いていて上品な味です。

彼女は冷やしを注文していました。こっちは少々酸味があって爽やか。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231518j:plain

それぞれ観光地のど真ん中にしてはコスパ良く頂けました。

 

んで、お店を出て、内宮へ行く道中の涼しげな光景の数々。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231633j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231731j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231749j:plain

おはらい町の横には川が流れていて、そこでこうして泳げるのです。

伊勢でもこんなに綺麗な川があるなんて。

 

さて、内宮に着きました。

こっちは外宮よりさらに広く、なんだか神秘的な佇まいもアップですね。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815231930j:plain

橋を渡って神宮内に入り、そこから先はほぼ一本道に正宮を目指します。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815232012j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815232028j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815232053j:plain

正宮でお参りをしておきました。

その他にもいくつかお宮さんがあるので、それもチラホラ巡りつつ、これでお参り終了です。

 

くそ暑く、人出も多い中、寝不足の身体にムチ打って観光した二人でしたが、それでも楽しめたので良い所でした。

次は二見浦の辺りまで行きたいですねー。

パワースポットに訪れて…

さて、そうして1泊2日の伊勢観光を終了した訳ですが。

伊勢神宮は国内でも最強に格式高い場所だけあって、日本屈指のパワースポットとも言われています。

 

「伊勢神宮に行ったら、事業が急にうまく行き出した」

なんて知人の談もあったりしたので、普段スピリチュアルなものを全く信じない僕も、ちょっと恩恵にあやかれれば良いなーと思っていました。

 

で、夕方、尾鷲に帰ってきてメールチェックをしていたら。

何と、「海外から帰ってきたよー」と、久々に大学時代のゼミの先生からメールが。

先生は行政経営、地域活性化の研究をしている方で、僕が今の道を歩む事への礎を作って下さった方でもあります。

何だか、早速良いご縁を頂けたような気がします。

 

メールでは挨拶だけで終えましたが、今後のOB会等でまたお話できるのが楽しみです。

もしかしたら、講義の場で登壇とか、色々と面白い機会も頂けることを期待しつつ。

お伊勢さんパワーを吸収して、今後も色々と精進していきたいと思います。

 

 

じゃあの。

 

 

P.S.

おはらい町にある噂のファミマです。

郵便局もこんな感じの外観になっていて、通り全体で景観保全がなされています。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160815232938j:plain

 

【関連記事】

遅ればせながら、初めての伊勢観光に行ってきた① - オワコン

初詣は、伊勢神宮より「瀧原宮」に行った方が8割方良い理由 - オワコン

神々の住まう地・熊野の総本山。熊野本宮大社にお参りに行ってきた - オワコン