オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

信じようが信じまいが、尾鷲ではマンボウが食える

マジです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230057j:plain

 

こんにちは、すずきです。

早速ですが、上の写真の丼を見てください。

 

これ、一見ただの卵とじなので、親子丼とかに思えますが、実はそうじゃありません。

実は、何とこれこそが、「マンボウ丼」なる食べ物なのです。

揚げたマンボウの身と肝が、鶏肉のごとく入っているんです。

ちなみに、レストラン ロリエさんで頂きました。

 

マンボウの味ってどうなの?

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230058j:plain
疑惑のマンボウ拡大図

さて、マンボウなんて、東京じゃあなかなか食えない…どころか、「そもそもマンボウって食えるの!?」っていうレベルかと思います。

なので、果たしてどんな味がするのか… 結構気になる人も多いんじゃないでしょうか?


実際にマンボウを食べた感触をレビューするとですねぇ…



これ、魚じゃねぇ


そう。魚じゃねぇんです。Not a fish, but something です。


何というか、身は食感・味ともに、イカもしくは茹でた牛ミノっていう感じ。

水分が非常に多い魚らしく、しっとりプリプリしているのですが、歯ごたえがいっちょまえにある。

そして、その歯ごたえは、決して魚のものではないよなぁ…という感じです。


味もなかなかどうして魚のものとは思えず、普通に天丼に入れて出されたら「あっ、イカ天ね」としか思わないんじゃないでしょうか。

どちらかと言えば、イカより柔らかくて噛み切りやすく、独特のねっとり感はない、というイメージです。


ちなみに、今回食べたマンボウ丼には肝も揚げて入っているのですが…
そう。マンボウは肝も食えます。

ただし、肝はかなりクセが強い。

何というか、魚の生臭さのような、レバーの生臭さのような、まるで鯨を食べた時のような何とも言えん独特の風味(臭み)が広がってきます。

好きな人は好きなんだろうけど、僕はダメでした。ちなみに、量はいっぱい取れるらしいよ。


あと、腸も食えます。最近は食べていないけど、子供の頃には、尾鷲のじいちゃんが腸の塩焼きを食べさせてくれた記憶が。

こっちはコリコリしていて、さらにミノらしい味。淡白なホルモンってイメージで、もしかしたら腸が一番シンプルに美味しいかもしれません。



値段はどうよ

ちなみに、マンボウの気になるお値段ですが…

 

実は、スーパーとかでも肝付きの切り身が平気で売ってたりして(見た目は結構衝撃的)、これがまた安いんですよ。

ブリの切り身が2枚入るようなパッケージにパンッパンッに詰め込まれて、300円しないくらいがたぶん相場。

新鮮なものは刺身でも楽しめるほか、バター焼きなり唐揚げなり、結構色々な調理方法で楽しめるみたいで、意外と重宝する魚なのかもしれません。

 

僕は見た事ないですが、他の地域とかでも、一匹まるまる売られているケースもあるみたいですね。

図体がでかいだけあって、個体によっては一匹5万とか…買い手つくのかなぁ。

東京じゃあ切り身すら全く見かけないので、僕もマンボウを丸魚で売られてるのを見たら驚愕すると思います。

 

っていうか、よく考えたら水族館ですら実物見たことねぇや。

海のぬし釣りでは図鑑に載せたけどね。

 

 

そもそも、マンボウってどんな魚なの?

Wikipediaから抜粋。

マンボウマンボウ(翻車魚、Mola mola)は、フグ目マンボウ科の1種である。巨体と独特の体型が特徴の海水魚である。

最大全長333センチメートル。体重2.3トン。世界最大の硬骨魚のひとつである。体は側面から見ると円盤型、正面から見ると紡錘形をしている。背びれと尻びれは長く発達し、体の後部から上下に突き出しているが、多くの魚が持つ尾びれと腹びれは持たない。体の後端にある尾びれのような部分は、背びれと尻びれの一部が変形したもので、舵びれあるいは橋尾とも呼ばれる。泳ぐときは背びれと尻びれをパタパタとはばたかせ、舵びれあるいは橋尾で舵をとる。このとき、背びれと尻びれを同調させ、対称に動かしている。

全世界の熱帯温帯の海に広く分布する。外洋の表層で浮遊生活をしていると考えられてきたが、近年の研究によりマンボウの生息の場は深海にまで及んでおり、海上で見せる姿は生態の一部にすぎないことがわかってきた。発信機をつけた追跡調査で、マンボウは生息水深を一定させず、表層から水深800m程度までの間を往復していることが明らかにされている。25%程度の時間を表層で過ごす個体がいる一方、別の個体は水深200m以深の深海にいる時間が長かった。水温の変化に影響を受けている可能性が考えられているが、外洋に生息する魚だけに生態はまだ謎が多く、詳しい調査が待たれる。

 

…とのことです。謎の多い魚だ。

っていうか、形も味も独特すぎて、本当に魚なのかと疑ってしまうよ。

もっと頑張れマンボウ。マンボウ頑張れ。

 

ちなみに、卵は一気に3億個も産むそうです。

…負けた。

 

 

というわけで、尾鷲に来たら、珍味・マンボウも食べてみてね~。

 

じゃあの。