オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

一皿150円、東京で安くて美味い回転寿司ならココ!田端「もり一」

f:id:kyoheing-on-japan69:20170510171417j:plain

こんにちは、すずきです。

 

前回のスタバ記事に続いて、東京・田端駅のグルメ情報でございますけれども。

田端のスタバでゆっくりした後、僕の大好きな回転寿司屋「もり一」に久しぶりに行ってきたのでレポです。

元々僕が田端の近くに住んでいた時に存在を知って、一皿150円という安さからは想像できない美味さにはまって何回も通い続けたお店です。

魚がとにかく美味しい漁師町に移住した僕ですが、もり一の寿司は未だに美味いと感じます。なのにほとんど並ばないし、極オススメ!

 

東京の回転寿司でも指折りの名店。とくとご覧あれ。

 

【もくじ】

 

場所は田端駅すぐ!便利な立地

「もり一 田端駅前店」は、田端駅北口を出て徒歩1分程度と非常に便利な立地にあります。坂を上り下りする必要もありません。

田端駅は「なんでこんな所に駅があるの?」という疑問を地で行くような谷間の地形で、駅前は崖と線路に阻まれて建物が少ないです。特にお店。

それを考えると、もり一の立地は田端では超一等地。駅から徒歩1分程度というのは非常に強いしありがたいですねー。

 

一皿150円!激安なのにやたらと美味い

f:id:kyoheing-on-japan69:20170510171508j:plain

記事タイトルにもあるように、もり一田端店は全品一皿150円という非常に安いお値段で寿司を頂けるお店。

しかし、その味のクオリティは他の激安チェーン回転寿司とは比較になりません。むしろ、そこらの一皿300円以上取るしっかりした回転寿司屋より全然美味しいですよ。

 

ネタも豊富!もちろん全品150円

驚くことに、もり一ではネタの種類もとても多いのです。もちろん、全品150円。採算が取れるネタだけを置くようなチャチなお店ではありません。

こちらがメニュー表。この品数、すごいでしょ?

f:id:kyoheing-on-japan69:20170510171941j:plain

このメニューの他にも日替わりネタが何品か。あまり見かけない珍しいネタも普通に出てくるのも嬉しいところです。

一皿は2貫が基本ですが、中にはシメサバやいなり寿司、日替わりなど、一皿で3貫乗るネタもあります…!原価率めっちゃ高いんじゃないのか。特に日替わりはヤバい。

さらに、一皿で1貫ずつ違うネタを乗せる「ハーフ」という所業も可能。やたらノリの良い板前さんに「サーモンと真鯛のハーフ」と言ったら、それぞれが一貫ずつ乗った一皿を頂くことができます。これ、すごく嬉しい。

もちろん、巻物や軍艦も豊富で、味噌汁やデザートなどサイドメニューも豊富に取り揃えてあります。ちなみに生ビールは500円。

 

メニューの一部を写真付きで紹介

えーと、食べるのに夢中&回転寿司の写真撮りづらい雰囲気に負けたため、ほとんどネタの写真は撮れていないのですが…

僕が食べたメニューのごく一部をご紹介します。どれも東京の一皿150円の回転寿司とは思えないネタの鮮度ですよ。

 

大根おろしと頂く焼きサーモン

f:id:kyoheing-on-japan69:20170510174141j:plain

サーモンって美味いですよねぇ…。もり一田端店はサーモン派にも優しく、サーモンだけで4品もグランドメニューがあります。

これはそのうちの一つ、焼きサーモン(炙りサーモン)。バーナーで炙ったサーモンの上に大根おろしが乗っかり、サッパリと頂くことができます。

 

イカに明太子を乗せて炙った創作ネタ

f:id:kyoheing-on-japan69:20170510174535j:plain

こんな創作料理もあります。イカの上に明太子を乗せて、それをバーナーで炙ったネタ。その名も「イカ博多炙り」。他にエビとタコもあります。

こちらは醤油は付けず、明太子の味だけで頂きます。炙ることで歯切れが良く柔らかくなったイカと、ねっとりピリ辛な明太子の味が見事にマッチしています。

もり一はこういう変わり種も多くて、しかもちゃんと美味しいのが凄いんですよ…!

 

写真は撮れなかったけど僕の好きなネタ

僕がもり一で好きなネタは他にも色々あります。写真撮れなかったけど…

・サーモンカルパッチョ

⇒サーモンの上に玉ねぎのマリネがたっぷり、さらにそこへマヨネーズがかかった面白い一品。酸味のきいた味わいがGoodで、僕はもり一に来るたびに注文しています。

・イワシ

⇒もり一のイワシはとても新鮮!身がピカピカ光っていて臭みも全然なく、脂乗りも良くてすごく美味しいのです。イワシは近海でよく揚がるので、良いネタを仕入れているんでしょうね。

・えんがわ

⇒さすがに一皿150円ではヒラメのえんがわでは無いと思うのですが、もり一のえんがわはそれでも美味い!淡白だけどトロトロかつコリコリで旨味たっぷり。日替わりで炙りが出てくると、これはもう最高です…!

 

テイクアウトもOK!

f:id:kyoheing-on-japan69:20170510175453j:plain

そうそう。持ち帰って家でお寿司を食べたい人には、お持ち帰り用メニューもちゃんと用意してあります。

こちらも一皿150円ぶんのお値段なので、もり一の味をお安く持ち帰ってゆっくりお寿司を頂くことが可能です。素晴らしい!

 

もり一 田端駅前店の営業情報

所在地:東京都北区東田端1-21-8
交通アクセス:JR田端駅より徒歩1分
営業時間: 11:00~22:00(無休)
席数:22席
TEL:03-3824-1901

 

田端近郊に住んでいるあなたは、ぜひもり一に行ってみてください!

※他にももり一は何店舗かあるのですが、店によって味が違います。田端店はとても美味しいけど、錦糸町店なんかは…

 

 

じゃあの。

 

 

【次はこの記事もオススメ】

田端に「本が読めるスタバ」の穴場があったので行ってきたよ

一皿100円の回転寿司と、一貫1,000円の高級寿司の違いとは?

高級魚てんこ盛りの海鮮丼が激安…「おわせお魚いちば おとと」のランチはやっぱり最強だった

 

 

dancyu(ダンチュウ) 2017年1月号「鮨が好き。」

dancyu(ダンチュウ) 2017年1月号「鮨が好き。」