オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

毎年8月17日は、紀伊半島随一の「熊野大花火大会」。頑張って観に行ったらどえらい感動した話

紀伊半島って言うか、普通に日本一狙えるクラスですがね。

こんにちは、超久々に紀勢本線の普通列車に乗ったすずきです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819212301j:plain

過疎地がまさかの賑わい。熊野大花火大会はヤバい

三重県南部・東紀州地域で最も有名なイベント。

それが毎年8月17日に開催される「熊野大花火大会」です。

 

会場となる熊野市は、東紀州地域を代表する観光地。

鬼ヶ城や花の窟神社、熊野古道伊勢路など複数の世界遺産を抱え、さらに丸山千枚田や赤木城、湯ノ口温泉など、海から里山まで豊富な観光資源を持っています。

しかし、実は尾鷲以上の過疎地で、人口は市にも関わらず、約17,000人

尾鷲の倍近い面積を持ちながらも、人口は熊野の方がやや少ないです。

 

しかし、そんな人口の少ない熊野市が、花火大会の時だけは一変。

日本一長い砂礫海岸である「七里御浜」が人で埋め尽くされ、道路は交通規制で上下線とも大渋滞。

普段2両編成で空気輸送の列車(単線非電化!)は、臨時の増便があるものの東京の朝ラッシュ並の混雑になります。

 

花火大会の参加者数を調べてみたら、昨年で人口の約4倍、70,000人程度も来ていたそうです。

いやー、そりゃ街がパンクする訳だ…

 

ですが、それだけの大人気にはやはりワケがある。

という訳で、子供の頃に連れてってもらったきりだった熊野大花火大会に、せっかくだから参戦することにしました。

 自家用車で行くと大変な事になるので、汽車で行きます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819213622j:plain

尾鷲から熊野市までの一時間…座れねぇ!小田急線か!

普段ガッラガラの尾鷲駅が、東京のそこらの駅並の人口密度でしたからね…

2両編成が来られたら、そりゃ座れないって。

熊野に着いたよ

はい。熊野市駅に着きました。

現在19時半くらい。ものすごい人の波でございます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819213854j:plain

花火大会は既に始まっているので、駅からまっすぐ歩いて会場の七里御浜を目指す途中にも、ドンドン花火が打ちあがっています。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819214012j:plain

 

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819214034j:plain

会場である七里御浜の前、国道42号線との交差点辺りから屋台が出ていました。

なんか、牛串とか普通に売ってて、東京の祭りの屋台よりレベルが高いです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819214100j:plain

さて、会場に入ったら…予想はしていたけど、ものすごい混雑!

普段スコーンと抜ける風景が非常に綺麗な七里御浜が「人がゴミのようだ!」状態。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819214314j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819214334j:plain

いや、人、多すぎでしょ………

うえっぷ

 

 

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819214409j:plain

バルス!

 

…じゃなかった、花火が人混みと熊野の空を鮮やかに照らします。

 

熊野の花火の魅力は、何と言っても近距離での大爆発。

尾鷲の花火も近距離で、爆発するたびに衝撃波が来ましたが、熊野も負けていない。

こんな広い所なのに衝撃が来て、「ドンッ」と重低音が響く爆音は物凄い。

 

文章で書くとそれだけか、って感じですが、実際に見ると本当に凄いのです。

七里御浜の海岸に座って眺める、至近距離での10,000発は圧倒的なド迫力。

様々な演目が次々と行われ、一気に感動に包まれて行きます。

 

まぁまぁ、画像と動画で、熊野の花火の良さを1/10でも感じてってくださいよ。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819214811j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819215119j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819215137j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819215202j:plain

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819215403j:plain

そして、名物「三尺玉海上自爆」。

海上のイカダに置いた三尺玉に点火してから船が急いで逃げ…

10秒のカウントダウン後、海面から一気に大爆発!!

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819215605j:plain

これ、シャッタースピード落としてないですよ。ただ撮っただけ。

それでもこの「ドッグォォォーン」って、ジョジョの擬音みたいな大迫力はお分かり頂けるかと思います。

 

花火の動画はこちらをどうぞ。


熊野大花火大会2016

途中の花火の演目を撮影したものです。

なかなか綺麗だと思いますが、これもまだまだ序の口ですね。

 

あ、中には「メッセージ花火」って演目もありました。

花火が文章になっていると思ったら違いましたが、これはこれで面白い。

花火の打ち上げの前に、「誰から誰に向けたメッセージ。~~~!!」ってウグイス嬢のアナウンスがあるのです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160819220032j:plain

バァーン

「好きです!結婚してくださーい!!」

 

…恥ずかしくて俺には無理だわ。

勇気を称えよう。

 

さてさて、花火大会で一番素晴らしいのはやっぱりラストですよね。

両腕を酷使した手撮りの7分半、極上のフィナーレをとくとご覧あれ。


熊野大花火大会2016 フィナーレ

実は、これでもまだ全ての花火が取り切れてはいないんですけどね。

とにかく「これでもかー!!」ってほどの花火が打ち上げられ、最後の最後には空全面を埋め尽くす花火。

他の花火大会のフィナーレ級を何連発もされた挙句にこれとは、やっぱり熊野は別格だ…

 

うーん、画像と動画だけじゃ魅力を伝えきるのは…とてもじゃないが出来ない!!

 

毎年8月17日固定なので行きづらいイベントではありますが、世の中に生きとし生ける人という人は全て、一度は熊野の花火を観た方が良いと思いますよ。

これに感動しない人は、「毛虫の毛ほども花火に興味がない人」とみなします。

たぶん、異論はゼロでしょうね。

 

 

そして、帰りももちろん大混雑でした。

混雑に耐えてよく頑張った!感動した!!

 

来年もぜひ行こうっと。

 

 

じゃあの。