オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

10年使ってきたドコモを解約して、イオンSIM契約+Acer Z530を導入しました

新調したAcer Z530の動作が爆速で驚いています。

こんにちは、すずきです。

さらばドコモ

僕は中学生の頃に始めて携帯を親から与えられました。

それからずーっとドコモ携帯を使い続け、とうとう利用期間は今年、10年を超えました。

本当は10年以上ドコモユーザーなんですが、途中で番号変えたりもしたのでね。

 

そんなずっと使ってきたドコモを今回解約し、格安SIM「イオンSIM」を導入しました。

 

ドコモから格安SIMに移ろうと思ったのは、何より携帯料金を安くしたいから。

毎月、ドコモではLTE3Gプランの契約で月々9,000円弱の支払いがありました。

電話は毎月ほとんどせず(ほぼFacebookかLINEで済ませる為)、オプションパックを大量に付けている訳でもありません。

その中で、毎月その出費額はやっぱり重いです。

 

当然の事ながら、携帯のような毎月かかる出費は極力抑えたい。

なので、今回、使っていたXperia SO-02Fの端末料金を払い終わったタイミングで、格安SIM+SIMフリー携帯の導入に至ったのです。

※イオンSIMはドコモ回線のSIMなので、SIMロック解除なしのXperiaでも使えるのですが、不具合もあって変えたかったのだ

そして、格安SIM「イオンSIM」の契約へ

で、格安SIMを導入するに当たり、色々な会社を検討していました。

ポイントが貰えて、しかも他社が3Gのプランに対して3.1G使える楽天SIMとか。

値段が安くて、一応ポイントも貰えるDMMSIMとか。

 

僕は通信3G+音声通話のプランで探していたのですが、どれも似たり寄ったり。

最初は楽天で決めようとしていたのですが、レビューを見ると「回線遅すぎて使えない」という声が多く…

 

色々と調査した結果、イオンが提供するイオンSIMとの契約を決めたのでした。

 

イオンにした決め手は、他社の3Gプランと同じ(むしろ安い)価格で、通信容量が4Gもあること

かつ、通信容量の繰り越しにも対応をしているので、僕の使い方であればまず通信制限にかかる事はありません。

これで心置きなく写メをSNSやブログにシェアできまくります。やったね!

ドコモXiの時も3Gを超えると通信制限掛かっていたので、4GまでOKなのは超大きいです。

 

イオンSIMの価格は、通信容量4Gの音声通話プランで月1,580円

通話料は20円/30分とドコモより高いですが、そもそも電話はほとんど使わないので問題なし。

無くても良いオプションも特に付けていないので、毎月の支払いも2,000円行かないでしょう。

ドコモ時代から比べると毎月7,000円くらいの減額です。これは超デカイ。

 合わせてSIMフリー携帯も買ったよ

また、今まで使っていたXperiaの端末料金を2年でちょうど払い終えたので、それを機にSIMフリー端末にも買い替えをしました。

上でも述べましたが、イオンSIMはドコモ回線を使っているので、XperiaのままでもSIMロック解除せずに使えはするんですが。

 

でも、名機が多いはずのXperiaにあって、SO-02Fはちょっとイマイチ…

悪い機種では無いんですが、動きもモッサリしてきたし、替え時かなーと。

何より、僕の端末はバイブ機能が故障してて動かないんですよ。

バイブが動かないとマナーモードに出来ないので、なかなか不便です。

 

という訳で、今後も何かと便利になるであろうSIMフリー携帯に乗り換え。

選んだのは、「Acer Z530」でした。

Acerは台湾のメーカーで、ASUSの影に隠れてちょっとパッとしないのですが…

この機種は評判が良く、価格も2万円と安かったので決定しました。

 

まだ数日しか使ってはいませんが、いやー、レスポンスが爆速!!

Xperiaが嘘のように超サクサク動いて、逆に気持ち悪いです。

データが全然入っていない初期状態とは言え、この速度は素晴らしい。

これが2万円の携帯だとは到底思えません。

 

また、このZ530は電池パックも替えられるのが良いところ。

裏ぶたを外せば、すぐ電池(あとSIMとMicroSD)を交換できます。

そのぶん防水仕様では無いですが、それは価格とのトレードオフでしょう。

 

とにかく、なかなかの名機っぽくて、これから使い込むのが楽しみです。

僕のPCもASUSだし、台湾の電子機器って値段の割にやっぱ凄いなぁ。

最近は中国のHUAWEIも素晴らしいって言いますけどね。

 

ちなみに、ドコモと同じように端末料金を2年で割るとしたら…

19,980/24=832.5円/月 となり、Xperiaの端末料金より圧倒的に安いです。

イオンSIMと合わせたら、契約手数料込みでも実質月額3,000円程度

そりゃあ格安SIMが広がる訳だわ。

ようこそ…『格安SIMの世界』へ…

 いかがでしょう。

こんだけ月額料金が節約できるのに、もう格安SIMに移行しない手は無いんじゃないでしょうか。

実質月額ベースでも6,000円くらい浮くので、一年単位だと72,000円もの節約です。

年収を7万円上げるのは大変ですが、7万円経費を削るのはこんなに簡単だとは。

 

あ、とは言っても、ドコモのMNP転出手数料と、解約月で無ければ、解約手数料は取られます。

僕の場合は両方合わせて12,000円くらいでしたが、それでもイオンSIMで2ヶ月で元を取れちゃいます。

 

もちろん、通話料金が高いので、まともに電話しまくったら料金ぶっ飛びますけどね。

とは言っても、LINEやFacebookで通話すればいくらでも無料です。

ViberとかのIP電話を使えば、固定電話や携帯にも激安で掛けられます(音質やレスポンスは悪いですが)。

通常の電話回線通話を使うにも、「楽天でんわ」を使えば、10円/30秒の通話料金まで下げることができます。

 

 

わざわざ店頭まで買いに行かなくても、格安SIMも、SIMフリー携帯もネットで買える時代。

月々の携帯料金を安くしたい人は、ぜひ移行してみてはどうでしょうか。

 

注)イオンSIMは超人気の為、ネットでの申し込みには制限があります。

公式EC「イオンデジタルワールド」で数量限定の申し込みを行うか、津のイオンまで行って申し込む必要があります。

 

 

イオンSIMの入手手続きや比較表など、また後日整理して書きますね。

じゃあの。