オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

今週はじめ東京に戻って感じたこと⇒友人選びほど大事なものはない

f:id:kyoheing-on-japan69:20170706163631j:plain

こんにちは、すずきです。今週のはじめ(日~火)、東京に帰省していました。

今回はラッキーなことに、いつも滞在しているシェアハウスの元清掃スタッフさん(仕事めちゃ丁寧だし皆から慕われてた方)と、シェアハウスのオーナーさんにもお会いすることができました。

いつも帰省するのは楽しみなんですが、こうやって普段会えない人と再会できるチャンスが偶然にもかぶったのは嬉しかった。楽しさ倍増しますね。

 

僕の滞在しているシェアハウス(僕の古巣&嫁の住処)は、起業家やそれを目指す人が集まる場所です。なので、会話の内容は大体「自分はこうしたい」「こういう社会になったらいいよね」という前向きなお話。

殺人事件やら安倍下ろしやらを延々と垂れ流し続けるテレビや、それに洗脳されているそこらの人々とは全然ベクトルの違う会話なのですごく刺激を貰えるわけです。

んで、そんな中で改めて感じたこと。

 

付き合う人を選ぶって超大事

 

ということです。特に友人選びは本当に大切です。

 

友人付き合いは自分を変える

友人との付き合いは自分を変えます。優秀な友人が多ければ自分も優秀になり得るし、逆に窓際サラリーマンばかりだったら、日々傷を舐め合って終わる人生になります。

よく「あなたの年収は、自分の身の回りの友人の平均値です」なんて話を聞きます。それが合っているかどうかはさておき、要は「類は友を呼ぶ」という意味なんですね。

あなたが変われば自然と友人もあなたに合わせて入れ替わっていくし、逆に友人を意識して替えていくことで、あなた自身も影響されて変わっていきます。

 

「なんかの自己啓発本の受け売りだろ」と思われるかもしれませんが、実際に僕が体感しているので間違いないです。

僕は元々ダメな若手社員で、週末は日々のくすぶりを酒で解消していました。で、そんな僕がいつも遊んでいた友人は、だいたい同じ境遇にいたんです。笑

彼らも日頃のうっぷんを週末の酒で晴らしたい。だから、僕はそいつらと一緒に飲みに行って、家に押しかけて、自然と寝るまで飲みなおしたりスマブラしたりしていました。

そんで翌朝二日酔いで家に帰って、少し寝たらラーメン食って、後はダラダラして憂鬱な月曜日を待つ。そんな日常でした。

 

でも、一度マルチ商法に騙されたことがあって笑、僕はそれをきっかけに「起業したい、自分の力で飯を食いたい」と思うようになったんです。

けれどその時、自分の周りにはサラリーマンしかいなかったので、何をどうすればいいかも全く分からなかったんですよね。

それで僕は「起業の方法が分からないし、これじゃどうしようもない。とりあえず副業で稼いだ経験はあるし、まずはネットで情報収集からやってみよう」と思ったわけです。

 

そんでネットで色々調べて、怪しいネットビジネス界隈の人達とも知り合ったり、起業を学べるサークルに入ったり、その縁でシェアハウスを見つけて入居し、今に至ります。

最初はシェアハウスに入居するにも勇気がいりましたが、入居の決め手は「起業を目指すマインドを当たり前にしたい」という自分の想いでした。

当時の僕はまだまだ「本当に起業なんて目指せるのか?自分ごときが可能なのか?」と考え続けていて、いまいち踏ん切りが付きませんでした。

でも、僕は当時から「環境が自分を変える」ということをよく理解していたので、勇気を出して飛び込み、しばらくして起業に前向きな友人達に触れて目的を達成できたのでした。

 

まだ起業すること、まして成功することは出来ていませんが、僕は自分自身で起業を目指すようになって本当に良かったなと感じています。

自分のやりたいこと、好きなことを頑張って探して、出来ることから打ち込んでいくことで大きく人生に張り合いが出たからです。

上に言われるがまま、やりたい仕事もやりたくない仕事も黙々とやり続け、失敗したら叱られるなんてキツいダメリーマン時代の精神からは考えられないほどです。

 

同じ志を明るく語る仲間を得よう

というわけで、僕があなたにオススメしたいのは「同じ志を持って、それを明るく語り合える仲間を作りなさい」ということです。

志なんて言うと固いですが、単純に趣味でもOKです。シーバス釣りが好きなら同じマニアと語り合えばいいですし、やりたい仕事が同じであればビジネス談話だって花が咲きます。

とにかく、「あなたが好きなこと、やっていきたいこと」に共感して、一緒に楽しんでいける仲間を身の回りに集めるように行動していけば、人生は一気に面白くなると思います。

 

逆に、あなたが付き合っていて嫌だなーと思う人や、自分の意見を否定してくることが多い人、自分とは意見や価値観が合わない人とは早めに縁を切るべきです。

もちろん「縁を切る」と言っても、恨み節を言うとかではなく、会わないで付き合いをフェードアウトさせるって方向ですが。

 

もし今勤めている会社の人達が自分とは違うベクトルを向いていたとしたら、思い切って転職するのもありだと思います。

僕はサラリーマン脳に染まっている大手企業を退職して、ガンガン働ける小さなベンチャー企業に転職しました。

仕事は忙しくて辛かったけど、創業者の近くで働けて、マネジメントもやらせて貰えて、前向きな環境でガンガン働けたのはとてもありがたかったです。

 

一緒にいる仲間が面白ければ、自分の人生はどんどん面白くなっていきます。

遠慮せずに自分を出して、どんどんワクワクする方向に向かって仲間を作っていくのが良い選択肢だと思います。

やっぱり仲間と前向きに夢とか語って、実際に実行に移せたら一番楽しいですよね。

 

 

じゃあの。

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

 

【次はこの記事もオススメ】

⇒人付き合いに関連して。良い友人や仲間を作るには「自分が価値を持つこと」が必要になるんですが、あなたが好きで打ち込んでいるジャンルであれば、それはクリアです。