オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

無料or格安で美容院でカットを受けられる!カットモデルになる方法

f:id:kyoheing-on-japan69:20170124170841j:plain

こんにちは、すずきです。

 

年に何回も行く美容院でのカット、出来ることなら安く済ませたいですよね。

そんなあなたに朗報ですが、無料もしくは超激安でカットしてもらえる方法があるのでシェアします。

美容院経営の家庭と結婚しろという話でもありませんし、違法でもないです。

 

お金がなくて困っている学生さんは必見ですぜ。

 

【もくじ】

美容院カットを無料で受けるには…

自宅美容院でもなく、店長を脅すでもなく、美容院を経営しろと言う訳でもない。

そんなことをしなくても、無料あるいは激安で美容院でのカットをしてもらえる方法があります。

それは「カットモデル」になることです。

 

カットモデルとは

カットモデルとは、ズバリ「髪の毛をカットしてもらい、その出来栄えを見せるモデル」ということ。

まだお客さんのもとに出せない、新人美容師やアシスタントのカットの練習台になるケースが多いです。

一流スタイリストより腕は当然落ちますが、彼らのカットモデルになれれば、無料で髪の毛をカットしてもらえるんですよ!

(一般スタイリストが格安料金でカットモデルを募る場合などもあります)

 

カットモデルになる方法

さて、とは言っても、普通に美容院に行って「無料でカットして欲しいんで、カットモデルになりたいです!」なんて言ったら、顔面にハサミをぶち刺されてしまいます。

以下で、簡単にカットモデルになれる方法についてシェアします。

 

1、ネットで検索する

これが一番やりやすいです。GoogleやSNSで「カットモデル 募集」で検索したら色々出てきます。

担当者に問い合わせて、予約を取って訪問してみましょう。

また、今は便利な時代になったもので、アプリでもカットモデル募集を探せます▼

2、友人・知人からの紹介

僕は友人から「知り合いの美容師がカットモデルを募集してるんだけど、どう?」という感じで紹介をしてもらいました。

美容師との関わりが強い人があなたの周りにいたら、カットモデルになりたいと話をしてみても良いかもしれません。

 

3、行きつけの美容院で話してみる

あなたに行きつけの美容院があれば、そこで「カットモデルに興味がある」という話をしても良いかもしれません。

大きめのお店なら特に、新米美容師さんがカットモデルを探しているかも。

あなたがきちんとお金を払って何回も通っているお店なら、「たまには施術料金浮かせたいし…(笑)」って正直に言っても大丈夫でしょう。

 

僕がカットモデルになった感想

僕が友人の紹介でカットモデルをやった時は、カットに加えカラーも行って2,000円しなかったと思います。激安ゥ!

僕の時は、ある程度の経験があったスタイリストさんが無料でカットを行ってくれたので、普通に美容院で施術を受けるのと同様のクオリティでした。

カラーもムラなく綺麗に染めてもらいました。超明るい赤髪に。

 

最後に施術の感想について簡単なアンケート用紙に記入した覚えがあります。

結果は満足で、当時お金のない大学生だった僕にとっては非常にありがたかったですね。

 

カットモデルのメリット

カットモデルになるメリットはズバリ、「美容院で無料or超激安でカットしてもらえる」という所です。

カットモデル募集の中には、カラーやパーマ、ブリーチも格安で行ってくれる美容師さんも多いです。

お金のない学生にとっては、美容院では最低でも一回のカットで3,000円以上取られてしまうのは結構重たい。

ゆえに、カットモデルの安さは非常にありがたいわけです。

 

カットモデルのデメリット

一方、カットモデルの欠点はやはり「技術に乏しく、思い通りの施術結果にならない可能性がある」という所ですね。

まぁ、新米さんのトレーニング台になる代わりに無料、という話なので、これは当然のお話です。

綺麗なカットにこだわるなら、普通にホットペッパービューティーでリーズナブルな美容院を見つければ良いと思います。

 

まとめ

というわけで、無料or激安で美容院のカットを受けられる方法についてお伝えしました。

ネットの検索や知人の紹介などを通じて、カットモデルを募集している美容師さんにコンタクトを取ってみてください。

新人美容師のカットの練習台になる代わりに、無料or激安で施術を受けることができますよ。

 

今の時代、カットモデルになるのは全然難しくないし、誰だってなることができます。

床屋よりも安く髪の毛をカットしたいあなたは、ぜひカットモデルの募集を探してみてください。

 

 

じゃあの。