オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

松阪は牛肉だけじゃない!隠れ名物「鶏焼肉」と「ホルモン焼き」を食べて来たよ

松阪牛はそりゃあ食べたいけど、他にも美味いもん沢山あるんですよ。

こんにちは、高速道路の合流に未だ馴れないすずきです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230707j:plain

松阪といえば、普通は松阪牛

皆さんもご存じ「松阪牛(まつさかうし)」は、三重県松阪(まつさか)市の特産品で、高級な銘柄牛の代名詞です。

ルビを振ったのは、「まつざか」「まつざかぎゅう」と読む人があまりにも多いので、念の為…

 

市の名前よりも牛の銘柄の方が有名な松阪市ではありますが、街中はやはり松阪牛のお店だらけ。

松阪牛のすき焼きを食べさせる高級店「和田金」をはじめ、焼肉屋、精肉店、ステーキハウス等々、お高そうな店がズラッと立ち並んでいます。

しかし、やはり産地価格。他で食べる松阪牛よりもかなり安く、松阪牛が食べられるのです。

 

僕が今回行ったお店は松阪牛では無かったようですが…次回は食べたい。

でも、牛だけじゃない

そうなんです。

実は、松阪で有名なのは何も松阪牛だけではありません。

ちょっとマイナーなのですが、「鶏焼肉」「ホルモン焼き」も有名なのであります。

松阪牛も鶏焼肉もホルモン焼きも、基本的に焼肉ばかりなので、松阪は焼肉の街とも言えるんじゃないでしょうか。

 

松阪の焼肉は、基本的に味噌ベースのコッテリしたタレで食べられます。

味噌ダレがしっかりと掛かった肉をそのまま炭火で焼き、良い感じの焦げ目で付いた肉を、これまた味噌ダレに付けて味わうのです。

味噌の甘じょっぱい感じと、味を邪魔せず引き立てる程度のニンニクが美味いんですよねぇ。

東京の醤油ベースのタレとはまた一味違った、味噌文化圏(名古屋周辺は味噌文化圏)ならではの味わいです。

 

そんな感じのタレで味付けされた、地元産の新鮮な鶏肉を、松阪市民は焼肉でガツガツ食べるのです。

一般的に考えれば、鶏肉って焼肉ではマイナーで、メニューにあってもあまり注文されるものではありません。

しかし、松阪では鶏肉がなぜか覇権を握っており、色んな焼肉屋でメインメニューとして掲げられている他、鶏焼肉の専門店も見られます。

 

そして、松阪牛が有名な松阪だけあって、正肉だけではなく、ホルモン焼きも有名なのは想像に難くないですね。

ホルモン(腸)、ミノとか、これも安くて美味いんですよー。

一皿500円ほどを払ったら、東京なら本格焼肉屋でようやく食える味のものが平気で出てきます。

今回の店のように、松阪牛を扱っている店でなくてもかなり上質なホルモンが食べられるという事は、松阪はそれだけ牛肉事情に恵まれているという事ですな。

 

ちなみに、松阪駅の東口(いわゆる駅裏)には、焼肉屋がこれでもかと言うくらい立地しています。

東京で言えばさながら東上野のような光景です。でも、多分コリアンタウンではなく、普通に日本人経営のお店がゆるゆると集まっているのです。

そんな駅裏の焼肉屋「たこやん」に行ってきた

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230706j:plain

で、今日食べに行ったお店。コチラです。「たこやん」さん。

 

僕が今日松阪に行ったのは、母親が友人の修理工に「車のバッテリー交換を依頼+昼飲み会」という事で付いていったのが理由です。

で、その修理工のおっちゃんに、僕が焼肉を食べたいと言ったら、「鶏焼肉と上ミノが美味い店」と紹介してもらったのがこのお店でした。

 

入口から見ると、うーん、まさしく昭和の雰囲気。

入って見てもすごく昭和の雰囲気で、何だか美味そうな匂いがプンプンするぜッーーーッ!!

 

さあさあ、車+二日酔いなので酒は飲めないのが残念ですが、その分白飯をかき込むとして、肉食べますよ!!

 

僕と母と祖母が頼んだ肉は、「鶏肉」「上ミノ」「ホルモン」の3種類。

この鉄板チョイスにふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!

 

んで、松阪焼肉と言えば、やっぱり味噌ダレ。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230708j:plain

この八丁味噌ベースの黒いタレ、見るからにコッテリして美味そうです。

 

そして、タレを入れた直後に、燃え尽きるほどヒートしている七輪と、味噌ダレが掛かった肉が登場!

さぁ、早速焼きますよー。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230707j:plain

さすが七輪の炭火。かなりの速さで火が通り、味噌がちょうど良い焦げ目を作ってくれます。

余分な脂だけがサッと落ちて、肉には香ばしさが付き、辺りに煙はもうもうと…

いやー、服に付く臭いなんて気にせず、せっかくの松阪を…いただきます!

 

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230710j:plain

コイツは鶏肉。やや大ぶりの一口サイズに切られたもも肉は、ジューシーで適度に歯ごたえがあり、味噌ダレとの相性は抜群!

牛で有名なはずの松阪で、なぜ鶏が有名になるのか…その理由が一口食べて分かった気がしました。

 

お次はホルモンを行ってみましょう。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230709j:plain

相変わらず絵面は良くないですが(笑)、コレ、見るからに美味そうです。

脂がシッカリと乗っていて、まさに尾鷲で食べるやたら美味いホルモンと同じ雰囲気を感じます。

 

そして食べてみると…ホラ、やっぱりね!

尾鷲のホルモンがより新鮮になった感じ。甘くて、脂から旨みがジュワッと来て、しばらく噛んでいても臭みはなく、旨みが口に残る。

これだけ美味いホルモン、せいぜい一皿600円くらい?だったけど、東京じゃ倍の値段出さないと食べられないよコレ…

写真はないですが、上ミノも脂がしっかり乗っていて、コッテリジューシーでとても美味かった!

 

 

いやー、酒も肉もリーズナブルだし、美味しいGoodなお店でした。

たこやん恐るべき。そして何より、松阪の肉事情、恐るべし。

 

尾鷲から高速で1時間もあれば松阪には着いてしまうので、たまの休日に焼肉を食べに行く贅沢をしても良いかなぁー。

普段は尾鷲で新鮮な刺身やら干物やらを食って、たまに松阪で肉をガッツリ喰らう。最高!!

 

しかも、松阪までの道中には、野菜や川魚が美味い大台町とか、酪農が盛んな大内山とか、美味い町がいっぱい。

いやー、三重は本当に観光と美食の街ですねぇ。今月21日は尾鷲ですごい街バル(寄稿記事へリンク)もありますしねぇ。

もう、お腹に肉付きすぎちゃって困るんじゃないの!ショップ○ャパンの直営店とか来ればいいのに!

 

…マジで腹筋頑張らなきゃ。

 

 

じゃあの。