オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

地域型スーパー銭湯「夢古道おわせ」は、マジで尾鷲の夢が詰まってる気がする。

娯楽やリラクゼーション施設が少ない尾鷲の救世主だと思っています。

こんにちは、すずきです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230435j:plain

夢古道おわせとは?

ここにあります。

尾鷲市街地の南東、向井地区の丘の上に所在する温浴観光施設が、この「夢古道おわせ」です。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230609j:plain

全国的にも珍しい、海洋深層水を使ったお風呂を提供しています。大人は600円で入浴可能。

浴槽は内風呂が1つと、露天風呂では信楽焼の2人入浴サイズの浴槽が2つ。そしてシャワー、サウナ、掛け湯コーナーという構成です。

温泉ではありませんが、栄養豊富な海洋深層水だけあり、美肌効果があるそうな。

僕は水質が肌に合っているのか、入浴後は結構肌が若返ってツルツルになります。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230614j:plain

ロビーでは受付の他に、土産物やドリンクが置いてあるコーナーもあります。

風呂上がりにちょっと家族に土産を買って帰る事が出来るようになっています。

また、ドリンクコーナーでは、銭湯御用達のビン牛乳・コーヒー牛乳もあります。

しかも、その牛乳は尾鷲周辺ローカル製品の「大内山牛乳」なので、地のものを扱っているありがたさがありますよねー。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230615j:plain

あと、ソフトクリームも食べられるのですが、ここでは何と、「バニラアイスに塩をかけさせる」のです。

その塩も尾鷲の特産で、風呂と同じく海洋深層水から作った「やさしいお塩」なのですよ。

塩をかけなくても美味いのですが、塩をかけると甘さが引き立って、なかなかどうして美味いんですよねぇ。

個人的には、風呂上りにはコーヒー牛乳よりもこのソフトクリーム派ですね。

 

ちなみに、ソフトクリームで口の中がこってりしてしまったら、隣には海洋深層水を飲めるサーバーもあります。

これもしっかり冷えてて、かつ深層水の変なしょっぱさとかも無く、健康的に飲めるのですよ。

どれだけ海洋深層水推すんだろ。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230616j:plain

ロビーのさらに奥は休憩所になっていて、マッサージ機が数台と、ごろ寝できる畳やハンモック、そして2,000冊ものマンガが置いてあります。

風呂上がりには、ソフトクリームを食べながら、ハンモックに揺られて「うしおととら」を読むのが最近の僕のパターンです。

尾鷲には漫画喫茶が無いですが、夢古道があれば何の心配もありませんね。お風呂にも入れますし。

あるのは風呂場だけじゃないよ

そうなんです。これだけ充実しているお風呂場以外にも、夢古道にはもう一つ施設があります。

江戸時代の建物を移築再生して利用している「お食事処」です。

 

このお食事処では、「ランチバイキング」「古民家カフェ」「土産物コーナー」の3つが用意されています。

お母ちゃんのランチバイキング

結構人気を集めているのが、夢古道で食べられる「お母ちゃんのランチバイキング」です。

その名の通り、地元のおばちゃん達が、地元の食材を使って料理を作り、バイキング形式で頂くというものです。

大人は一人1,200円と、ランチにしてはちょっとお高め。

でも、尾鷲の地元の食材の味を、家庭的な味わいで楽しむことができます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230612j:plain

品揃えも豊富なので、自分の好きな食べ物を選んでひたすら食べる喜びが味わえますねー。

刺身類もたまにメニューに出てきますし、デザートにコーヒーも用意されているので、なかなかのものですよ。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230436j:plain

まぁ、地元のおばちゃんが作る食事なので、プロの味を期待してはいけませんが…

とにかく、「地のものを好き放題食べたい!」という方は、一度訪れてみても良いかと思います。

 

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230611j:plain

併設の古民家カフェと土産物屋は、こんな感じになっています。

綺麗に整えられた古民家なので、清潔感がバリバリ。

生々しい古民家の香りという訳ではありませんが、趣が十分に感じられる佇まいになっています。

 

土産物コーナーでは、夢古道が所在する向井地区で獲れた野菜を販売していたり、地酒や干物などの品揃えも多く、なかなか見てて楽しいかと思います。

もちろん、風呂場のロビーで販売しているお菓子類などのお土産も、こちらで買うことができます。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230613j:plain

目立たないけど、真中右の「熊野灘」がうまいんさぁ。

カフェでは夏場に向けてかき氷も食べられるらしいです。これは魅力的…!

ソフトクリームに対抗する新たな刺客がやって来るという訳ですね。手強いな。

景色もきれい!

はい、これだけ風呂も食事処も充実している「夢古道おわせ」ですが、魅力はまだまだあります。

ここは海近くの高台に位置しているため、とても見晴らしが良いのが最高に気持ち良いんですよね。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230617j:plain

これは休憩所から見る景色です。

尾鷲湾が目の前に広がり、対岸に位置する天満浦の集落も見ることができます。

www.kyohei-suzuki.com

左にある煙突は尾鷲のシンボルである、尾鷲三田火力発電所のもの。

そして奥に広がる山の、右側の特徴的な形の尾根をした山が、熊野古道・尾鷲の代表的な山である「天狗倉山」です。

 

この景色をずーっと眺めながら、ゆったりとほてった身体を休めることができるのですよ。

身も心も癒されますね。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230610j:plain

こちらは食事処の前から撮った写真。

遠くに尾鷲の市街地を見下ろすことができ、さらに市街地を取り囲む急な山々もハッキリと見て取れます。

尾鷲のダイナミックな地形と、煙突のやけにすごい高さを存分に感じられる風景が広がります。

結論:尾鷲辺りに来たら、立ち寄るといいことあるよ

はい、「夢古道おわせ」が非常に充実した施設であることが、これでお分かり頂けたかと思います。

なので、もしあなたが観光とかで尾鷲辺りに来る機会があったら、ぜひ夢古道に行ってみてください。

お風呂も良いですし、ゆっくりマンガを読んで過ごしたり、バイキングで地の食材を堪能することもできますよ。

 

ちなみに、この夢古道ですが、支配人さんがとても精力的に活動されている方で、新しい取り組みを色々チャレンジしようとしています(マンガの導入もそうでしたが)。

なので、バイキングの食材も、近々もっと凝ったものが出てくるでしょうし、施設内でのイベントなんかも色々とスタートしてくるかと思います。

楽しみですなー。

 

あ、あとWeb上で入手できるクーポンもありますよー。

ハンドタオルがサービスで付いてくるやつです。見てみてください。

@nifty温泉

 

 

じゃあの。