オワコン

終わりなきコンテンツ 尾鷲より愛をこめて

カテゴリー

wifi乞食の僕が、尾鷲唯一のチェーン喫茶店・コメダ珈琲店に行ってきた

貧乏性&wifi用simの通信制限容量が小さいので、もっぱらフリーwifiスポットを求めております。

こんにちは、すずきです。

f:id:kyoheing-on-japan69:20160630230343j:plain

 

尾鷲市は人口2万人にも満たない、言ってしまえばド田舎な町なのですが、実はこんな所にもチェーンの喫茶店は進出しているのです(地元企業のフランチャイズだけどね)。

それが、喫茶店の街・名古屋資本の「コメダ珈琲店」です。

なぜだか良く分かりませんが、コメダは他のチェーン喫茶よりもwifiスポットが充実してるんですよ。

なので、wifi環境を求めに&マクドナルドのJKのやかましさを避ける為に、大学以来久々に、コメダへ入った次第です。

 

そんなコメダはスタバやドトール等と比べると圧倒的にマイナーで、都内の人であれば「知ってる人は知っている」的な、ちょっと通なお店という立ち位置だと思います。

僕個人としては、ブルーボトルとかのお洒落でミーハーな新規進出シアトル系のお店に行ってドヤ顔するよりは、「好きなカフェ?コメダかなぁ」って言う都民の方がセンス良いと思ってます。

全体的にウッディでお洒落な造りで、しっとり落ち着いているけど、ルノアールと違って明るくカジュアルだし。

まぁ、8割方の都民には理解してもらえないと思うけど…

 

で、コメダはコーヒーが有名と言うよりは、どちらかというと食べ物の方が有名なんです。

スタバで言うトッピング、ベローチェで言うコーヒーゼリーに張るものがありますね。

しかし、コメダの有名な食べ物については、いくつかトピックがあるのです。

 

 

1、一番有名なスイーツ「シロノワール」

まず、代表的な食べ物が「シロノワール」なるもの。

大きめのラウンド状の温かいデニッシュパンに、ソフトクリームが乗っかった、ボリューミーな一品です。

お好みで甘いシロップをかけて食べます。

これ、シロップが無くても結構甘いのですが、温かいパンと冷たいソフトの感触が心地よくて、美味しく食べ進めることができます。

 

このシロノワール、一人で食べると結構お腹が膨れてしまうくらいの大きさ。

なので、一人用の「ミニノワール」なんかもあります。

最近では限定メニューで、ミニノワールにキャラメルソースが乗っかった「キャラノワール」なんてのも…

 

コメダではこのシロノワールをメインに置いているようで、公式HPでもなかなかに推されています。

ちなみに、この独特なネーミングは、「白+Noir(フランス語で"黒")」から取ったそうで。

黒っぽいデニッシュ(無理あるだろ…)と白いソフトクリームの対比 + 温かいデニッシュと冷たいソフトクリームの対比 という2つのニュアンスから名付けられたそうです。

 

この独特なネーミングも相まって、「シロノワールを食べた」なんてのは、結構話のネタになるんじゃないでしょうか。

ちなみに、僕は学生時代、ネーミングに惹かれて、無理やりサークルの友人を引き連れて大田区の店まで食べに行ったこともありました。ミーハーだな。

 

2、名古屋名物「小倉トースト」

シロノワールと並んでコメダで有名なのが、名古屋名物「小倉トースト」です。

バターを塗ったトーストに、小倉あん(つぶあん)を塗って食べるものです。

やっぱり、あんこが味のメインを占めるだけあって、けっこう和風な甘みが良い感じ。

全国区でないのが不思議な所ではあります。あんぱんは全国区なのにねぇ。

 

小倉トーストは、まぁ名物ではあるんだけど、解説のしようがあまりないので以上!

 

3、これも名古屋名物「モーニング」

名古屋の喫茶店といえば、やはり「モーニング」だそうで。

このモーニングというのは、その名の通り「朝セット」です。

最近だと牛丼屋とかでも朝定食セットとかありますよね。

全国区チェーンのカフェだと、PRONTOとかも朝セットをやっていますが、コメダが採用している名古屋の「モーニング」は、ちょっと違うのです。

 

さて、それでは普通の朝セットと名古屋のモーニング、何が違うかと言いますと…

モーニングは「朝、コーヒーを頼むと、セットでトーストとかがサービスで付いてくる」というものなのです。

つまり、「朝だけ食えるセットメニューですよ」というのと、「朝だから、コーヒー頼んだら色々付けるよ」という考え方の違いですね。

例えば、吉野家だったら、朝いちばんにとりあえず牛丼並盛だけ注文したら、頼んでもないのに味噌汁とおしんこがサービスで付いてくるイメージです。

 

とまぁ、こんな名古屋名物「モーニング」なのですが、コメダでは、開店~朝11時までお得なモーニングサービスを受けることができます。

コーヒーは一杯400円なのですが、そこに「トースト+ゆで卵」「トースト+卵ペースト」「小倉トースト」のいずれかを選んで、無料で食べることができます。

朝のコーヒータイムをコメダにしたら、コーヒーを頼むだけで名古屋名物で朝食を済ますことができる。お得ですねー。

 

 

カフェ好きを気取りたい都民は、コメダに行け

とまぁ、こんな独自路線&名古屋パワーをいかんなく発揮しているコメダですが、カフェとか喫茶店好きを自称したい都民の皆さんは、適当な外資の新しいお店なんかより、コメダに行きなさい。

だって、「適度にマイナーで、知ってたら通」だし、「喫茶店の本場は名古屋だぜ(ドヤァ」とか言えるし、「シロノワールっていうのが、美味いんだよ(ドヤァ」とか言えるしね。

 

反論もあると思うけど、僕的にシアトル系カフェって、大体コーヒーはあんまり美味しくない。

スタバなんてそもそも、マックの100円コーヒーよりまずい。大量のトッピングやフレーバー、コーヒー以外のメニューで穴埋めしてるだけだしさぁ。

それにミーハーっぽいから、新しい洒落たお店に行っても、「そこに行ったこと」だけが土産話の中でフォーカスされてしまうよね。聞き手も、語り手も。

だって、そこに行くこと自体でお洒落ぶってるんだから。コーヒーを飲んでゆっくりする事が本質じゃないから。

 

それよりは、やっぱりカフェだの喫茶店だのに行くんなら、美味いコーヒーをすすりながら、ゆっくりと雰囲気にひたって自分の時間を過ごした方が格好良いと思うんですよね。

その点、コメダはスタバとかよりゆったりした造りで、天井もすごく高くて開放的。癒される空間がある。

それに、騒がしい学生やら、気取ったノマドワーカーやらも多くないので、ゆっくり自分の時間を楽しめます。

 

いや、もちろん、スタバとかタリーズとかよりもお洒落ブランドはありません。

どちらかと言えば、「喫茶店」に近いブランドなので、年齢層は高めだと思います。

でも、かと言ってルノアールのようにオッサン臭くはないし、ドトールやベローチェのような「喫煙者の溜まり場」になるような所でもない。

ミーハーな学生とか、派手目な人には合わないかも知れないけど、僕みたいな20代のサラリーマンには穴場なんじゃないでしょうかね。

 

 

名古屋以外にはあんまり店舗数がないのが玉にキズですが、だからこその通な店・コメダ珈琲店。

見かけたら、一度行ってみたら良いと思います。結構オススメ。

 

 

P.S.
尾鷲にはコメリもあるんだけど、「コメダ」と「コメリ」って発音の仕方が違うらしいです。

それぞれ正しいのは、「コ↑メダ↓」「コ↓メリ→」だそうで…

僕はずっと「コ↑メリ↓」だと思っていたのですが、店舗の自動音声を聞いていると、どうも違うようで。

B'zの正しい発音を聞いた時以来のカルチャーショックでした(アクセサリーの「ビーズ」と同じ発音が正らしい)。

 

 

じゃあの。